総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事電子タバコ



口臭予防 | 電子タバコ | 加齢臭予防

妊娠中の喫煙

妊娠すると吸えなくなるのがたばこです。
もちろん喫煙は体に悪いので、妊娠する前の喫煙も体に悪影響を及ぼすと言われています。

妊娠中の喫煙が悪いと言われる原因はたくさんあります。
まずは低体重の胎児が生まれる確率が高い点です。
非喫煙者に比べると2?3倍とかなり確率が高いのです。
また低体重の胎児の場合は知能の発達に遅れが見られることもあります。
喫煙することは母体の血管を細くしてしまいます。その結果胎児に十分な栄養や酸素が届かなくなります。

また喫煙者の場合は流産や早産の可能性も高いとされています。
1日1箱以上たばこを吸う人の場合、流産する確率が非喫煙者の2倍とされています。
また早産の確率は非喫煙者の1.5倍と言われており、喫煙が妊娠に悪影響を及ぼすのは明白です。

妊娠の前に禁煙することが一番いいですが、そんなに上手くはいきません。
ただ妊娠したことが分かったら禁煙をした方がいいでしょう。
喫煙者にとって禁煙をすることはとてもストレスが溜まります。
ストレスを溜めることは妊婦の体にはよくありません。

そんな時にお勧めなのが電子たばこです。
電子たばこでたばこを吸っている気分を味わうのです。
電子たばこの中にはニコチンを含むカートリッジもありますが、できればニコチンを含まないカートリッジを選びましょう。
ニコチンが入っているものだと、母体に影響を与えてしまいます。
ストレスを軽減するために、たばこを吸っている感覚を味わうつもりで電子たばこを利用するのがいいですね。




posted by 口臭予防 電子だばこ 加齢臭 記録の細道 at 19:00 | Comment(0) | 電子たばこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
安い快適楽天BB

金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康TOPページ

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。